不動産の媒介契約のポイント

不動産の媒介契約のポイント 不動産の媒介契約には、3つの種類があるということを知っておきましょう。
一般媒介、専属専任媒介、専任媒介の3つがあります。
一般媒介なら複数の不動産会社に依頼をすることが可能なので、利用者にとっては最もメリットがあるでしょう。
しかし、業者にとってはリスクがあるので、トータルではあまりおすすめができません。
一般媒介で契約を結ぶと、業者はコストをかけて宣伝をしても、他の業者に先を越されてしまうというリスクがあります。
そのため、本気で販売活動を行ってくれなかったり、コストを節約されてしまったり、結果的には契約者にとってもデメリットとなります。
専属専任媒介、専任媒介とでは、親族などから「買いたい」と申し出があった時に売ることができる、後者のほうがメリットがあります。
不動産会社にとっても、専任媒介のほうが業務の負担が小さいので、その意味でメリットがあります。
トータルで考えると、専任媒介がおすすめされていることが多いようです。

不動産の売却活動のポイント

不動産の売却活動のポイント 建物や土地などの不動産売却活動を始める時は、どのような手順で行えばいいのでしょうか。
ネットには不動産の一括査定をしてくれるサイトがありますので、そちらを利用してみるのもいいでしょう。
一括査定サイトでは、「一戸建て住宅」「分譲マンション」「店舗」「土地」などの物件情報や地域、個人情報を入力すれば、複数の業者の見積もりを送ってくれます。
業者ごとに1件ずつ見積もりを依頼するのに比べわずかな手間で数社の比較検討が可能です。
また、見積もりを取ることで自分の不動産の相場をある程度把握することができます。
ただし、すべての不動産業者が一括査定サイトに加入しているわけではありませんので、あくまでも加入業者の中での比較になります。
また、一括査定を申し込むと複数の業者から同時期に連絡が集中する場合もあります。
しかし、うまく活用すれば売却金額が数百万円も違うこともありますので、利用をするメリットも大きなサービスといえそうです。