電話で不動産の査定が依頼できるってほんと?

電話で不動産の査定が依頼できるってほんと? 電話で不動産の査定を依頼できる業者の数は、ここ数年のうちに急増しており、顧客対応が優れている業者のメリットをしっかりと理解することが良いといえます。
特に、実績のある業者の探し方について迷っていることがある場合には、なるべくアフターサービスの内容が徹底している業者にお世話になることによって、短期間のうちに落ち着いて行動をすることが可能となります。
そして、不動産の購入の時期について知りたいことがあれば、大手の業者のパンフレットや公式サイトなどに目を通しておくことで、忙しい生活を送っている人であっても、自信を持って生活を過ごすることが出来るといわれています。
もしも、不動産に関する相談の方法について分からないことがあるときには、顧客サービスに定評のある業者の取り組みを正しく理解することが肝心です。
その他、実際に不動産を購入したことのある人のレビューに目を通しておくことが成功の秘訣として挙げられます。

不動産の簡易査定のポイント

不動産の簡易査定のポイント 価格は需要と供給の関係で決まるのが原則です。
しかし、価格、特に不動産の場合では、たたき台となる金額を提示して売買交渉になります。
不動産を査定する場合は、実勢価格、公示価格、相続税路線価、固定資産税評価額の4つの要素から現地を確認し総合的に決定されるのが一般的です。
実勢価格は、近所の売買事例などから決められます。
最も時価に近いと言われます。
公示価格は国土交通省が発表する価格で、実務的には公共団体などの収用の参考にする価格です。
時価の9割程度と言われます。
相続税路線価は相続税や贈与税を計算するときに使用される価格で、時価の7割から8割程度と言われます。
固定資産税評価額は固定資産税などの金額算定に使用されます。
土地はこのように査定されますが、建物は固定資産税評価額を基に査定されます。
簡易査定は、現地確認を厳密にすることを省略して、机上で参考価格を基に査定することです。
とは言っても、この方法だと、実際に現地確認を厳密にしないことによる不動産の瑕疵で、後に問題になる場合があるので、注意が必要です。