一戸建て借入時の不動産取引の流れ

一戸建て借入時の不動産取引の流れ 一戸建て借入時の不動産取引の流れは、まずは不動産屋に行くことから始まります。
その理由は、そもそも貸している人を見つける必要があるからです。
貸している人が身近にいれば、直接賃貸借契約を締結することも可能です。
しかし、実際はそういった人が身近にいることは少ないです。
そのため、貸してくれる人を仲介している業者に行くことになります。
そこには、多くの家主から仲介の依頼を受けた物件がそろっているため、自分の条件に合っている物件を探すことが可能となっています。
そして、気に入った物件を見つけたら、契約の申し込みを行います。
これは、申し込んだからといって必ず契約ができるわけではありません。
きちんとお金を払えるのかなどの審査をします。
どの程度厳しく審査をするのかについては家主次第です。
家主が厳しく判断をする人であれば、厳しく判断されますし、そうでなければ緩めの判断をされます。
また、保証人を必要とするかどうか、保証会社を利用するように言われるかどうかなども家主次第です。
以上の審査に通過すれば、あとは契約を締結することになります。
契約締結は、不動産屋の仲介によって締結することになります。
以上が一戸建て借入時の不動産取引の流れです。

マンション貸付時の不動産取引の流れ

マンション貸付時の不動産取引の流れ マンション貸付時にはまず不動産仲介業者へ相談することになります。
ここでいくらで貸すかどのような契約内容にするかなどの条件面を相談します。
条件が決まれば仲介業者が自社ホームページやレインズ等の媒体へ物件を掲載し、自社のみならず他社でも客を探せるよう手配します。
その後物件を気に入った方が申込みを行います。
仲介業者と共同して書類審査を行います。
身分証との相違や勤務先等の情報をチェックします、納得すれば入居可の連絡をし、仲介業者が重要事項説明をして契約を行います。
契約後は鍵を渡して入居となります。
マンション貸付時に特に注意すべきことは入居者の属性です。
申込書に虚偽記載があったり、物件家賃に対して所得が低いこと、連帯保証人を付けることができないなどのマイナス要因があれば注意して見たり、賃貸保証会社の審査を通すなどの慎重さが必要になります。
また不動産仲介業者ともよくよく相談する必要があります。
賃貸条件や契約内容などきちんと相談し書面等で交わしておくことが望ましいです。
取引の流れは以上ですが、流れのひとつひとつの中でそれぞれ個別に対応しなければならないことも起きたりするので、自身で調べたりして納得のいく取引を行いましょう。

不動産関連オススメサイト

新築一戸建てや中古マンションなど、葛飾区(金町・亀有・柴又・京成高砂エリア)の不動産が揃ってます

金町 不動産